国際・政治大変調 企業決算

業績修正を読む 底入れは18年度決算後か=鈴木政博

    図1 世界の景気先行指数
    図1 世界の景気先行指数

    消費増税は景気後退リスク

     企業業績の今後を展望する上で、国内外の景気見通しが欠かせない。そこで経済協力開発機構(OECD)景気先行指数で、世界各地域と日本の景気を占ってみる。

     同指数は景気の6~9カ月先を示唆し、長期平均が100になるように作成されているため、100を上回ると景気は拡大傾向、下回ると後退傾向を示す。最近の傾向をみると、欧州は2017年11月、米国は18年3月がピークとなり100を割れた。景気は後退傾向にあると読み取れる(図1)。

     低位にあった中国は回復に転じたようにみえるが、毎月下方修正され回復が先送りされていることに要注意だ。米国との貿易問題の影響が出ており、貿易摩擦問題が軟着陸となれば、回復の足取りが軽くなる可能性が出てくるだろう。

    残り2119文字(全文2449文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事