国際・政治大変調 企業決算

業績修正を読む 底入れは18年度決算後か=鈴木政博

    図1 世界の景気先行指数
    図1 世界の景気先行指数

    消費増税は景気後退リスク

     企業業績の今後を展望する上で、国内外の景気見通しが欠かせない。そこで経済協力開発機構(OECD)景気先行指数で、世界各地域と日本の景気を占ってみる。

     同指数は景気の6~9カ月先を示唆し、長期平均が100になるように作成されているため、100を上回ると景気は拡大傾向、下回ると後退傾向を示す。最近の傾向をみると、欧州は2017年11月、米国は18年3月がピークとなり100を割れた。景気は後退傾向にあると読み取れる(図1)。

     低位にあった中国は回復に転じたようにみえるが、毎月下方修正され回復が先送りされていることに要注意だ…

    残り2175文字(全文2449文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月1日号

    キャッシュレス大混乱16 「QRコード詐欺」にご用心 簡単な手口で多発する被害 ■村田 晋一郎/加藤 結花19 増税に間に合わない! ポイント還元店舗は全体の3割 ■村田 晋一郎20 賢く選ぶポイント還元 中小は5%、コンビニ大手が独自還元も ■風呂内 亜矢22 キャッシュレスの勝者 スマホ決済は「 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット