国際・政治大変調 企業決算

米国はバブル崩壊の岐路 適温相場か、長期低迷か=秋野充成

     1月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げ停止と米連邦準備制度理事会(FRB)の資産縮小の早期終了を示唆したことに、米国株式市場は好感。ダウ工業株30種平均株価が一時、2万5000ドルを回復し、昨年12月の利上げ路線の堅持で株価を急落させた「パウエル・ショック」から立ち直りつつある。

    さえない中国関連株

     昨年12月の波乱がパウエル・ショックと称されるように、FRBのタカ派的オペレーションがマーケットの大きな懸念のひとつであったことは間違いなく、1月のFOMCでその懸念を払拭(ふっしょく)したことは大きな意味がある。さらに、中国も明確に金融緩和に転換していることから、今年は世界的な過剰流動性拡大が見込まれる。

     実際、グローバルのマネーサプライを確認すると昨年末以降、急速に増大し、日米の株価指数が上昇するのがわかる(図1)。

    残り2392文字(全文2760文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事