国際・政治統計の泥沼

迷走する賃金論争=黒崎亜弓

    中央は西村清彦・統計委員会委員長
    中央は西村清彦・統計委員会委員長

    不正発覚の糸口は数字 

    「実は全数調査を行っていなかった」──。賃金や労働時間を調べ、GDP(国内総生産)算出にも用いられる毎月勤労統計調査。厚生労働省の統計担当者に不正を告白させたのは、誰でも見ることができる政府の統計データから計算した数字だった。

     その統計データは、政府の統計ウェブサイト(e-Stat)で公開されている。毎月勤労統計の2018年1月分の「旧サンプル」と「新サンプル」のデータだ。多くの統計がそうだが、調査に偏りがないように調査対象(サンプル)を定期的に入れ替えている。毎月勤労統計では18年1月を境にサンプルが部分的に入れ替わったため、同じ18年1月分で新旧サンプルをそれぞれ集計した二つの値が存在する。ただ、500人以上の事業所に限れば本来全数調査だから、新旧のサンプルはほぼ同じもので、二つの値は同じになるはずだ。

     ところが、「きまって支給する給与(定期給与)」を500人以上の事業所の新旧で比べると、新サンプルの値が旧サンプルよりも2.86%も高くなる(図1)。

    残り3227文字(全文3671文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事