国際・政治統計の泥沼

制度の根幹危機 人員減少と経験不足で弱体化=小巻泰之

     毎月勤労統計(毎勤)騒動は、厚生労働省など中央省庁の統計環境に焦点が当てられ、さらには犯人捜しのような形で論議が進んでいる。

     しかし、こうした状況を眺めて、調査対象である企業や個人がどのような思いを持つのであろうか。統計全般への信頼を低下させるだけでなく、統計調査への回答を忌避するようになれば大きな禍根を残す。たたきやすいところをたたくのではなく、今回の状況が生じた背景にある日本の統計システムの課題を改めて問い直す契機にすべきである。

     現在の議論では、統計制度の頭脳部分である中央省庁の状況ばかりが取り上げられているが、日本の統計制度…

    残り2454文字(全文2724文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月2日号

    老後2000万円貯める! おまかせ投資16 高まるアクティブ人気 中小型株は「宝の山」 ■稲留 正英/吉脇 丈志18 投信の「迷信」を斬る! 危うい「インデックス信仰」 “本格志向”投信の選び方 ■中野 晴啓20 開示資料は情報の宝庫 投信と長く付き合うための“五つのP” ■竹川 美奈子22 外国株 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット