週刊エコノミスト Online海外企業を買う

インテュイット 米国最大手の会計ソフト企業=児玉万里子/233

 ◆Intuit

 米国のインテュイットは、個人・小規模事業者など向けの会計・税務ソフトウエアの大手企業だ。ユーザー数は約5000万にのぼり、米国内でのシェアは高い。2018年7月期の売上高は59億ドル(約6500億円)に達している。今年1月、この会社の最高経営責任者(CEO)を08年から11年間にわたり務めたブラッド・スミス氏が退任した。彼のCEO時代に、売り上げは1.9倍、純利益は2.5倍に増加し、株式時価総額は4.7倍(期中平均株価ベース)に膨らんだ。

 インテュイットは1983年に事業を始め、翌年に米カリフォルニア州で会社としてスタートした。近い将来パソコンによる家計管理が進むことを予見した創業者スコット・クック氏がプログラマーのトム・プロウル氏とともに、個人向け会計ソフトの開発を手掛けたのが始まりだ。そして発売されたのが家計管理ソフトの「クイッケン」である。当時、財務管理ソフトはすでに数多く存在していたが、「クイッケン」の売り上げは改定を重ね…

残り2882文字(全文3312文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事