経済・企業海外企業を買う

オートゾーン 米国最大手の自動車部品小売業=岩田太郎/234

    米国テネシー州メンフィスにあるオートゾーン店舗
    米国テネシー州メンフィスにあるオートゾーン店舗

     ◆AutoZone

     オートゾーンは1979年に創業した自動車部品小売りの米国最大手だ。米国5618店、メキシコ564店、ブラジル20店の合計6202店を展開する。

     店舗では、バッテリーやホース、マフラーなどの自動車部品から、不凍液やオイル、フィルターなどのメンテナンス用品、携帯電話ホルダーやフロアマット、車内音響製品などのアクセサリーまで幅広く取り扱う。

     米国における自動車販売は好調だ。同社は、米国の自動車保有台数が2年後の2021年に2億9000万台まで拡大すると予想している(現在は約2億5500万台。15年・IRF=国際道路連盟統計)。近年のクルマは耐久性に優れるため、定期部品交換や故障の際のパーツ交換などの需要が増えており、自動車の保有台数増とともに、売り上げが堅調に伸びていくことが見込まれる。

    残り2511文字(全文2867文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット