週刊エコノミスト Online海外企業を買う

マリオット・インターナショナル 世界最大級のホテルグループ=小田切尚登/235 

    ベトナム・ハノイのJWマリオット・ホテル。2月の米朝首脳会談時、トランプ米大統領が宿泊した(Bloomberg)
    ベトナム・ハノイのJWマリオット・ホテル。2月の米朝首脳会談時、トランプ米大統領が宿泊した(Bloomberg)

     ◆Marriott International

     マリオット・インターナショナルは、ホテルを中心とする宿泊施設の運営・フランチャイジング・ライセンシングを行う企業だ。約130カ国で事業を展開。グループ全体で130万を超える室数の67%は北米で、アジアが16%、その他地域が17%となる。

     部屋の稼働率は73・2%で、1部屋当たりの平均売り上げは117・37ドル(約1万3000円)、稼働している部屋の平均的な売り上げは160・37ドル(約1万8000円)である(2018年末時点)。同社は世界のホテルチェーンのリーダー的存在で、部屋数や売り上げなどで世界最大の規模を誇る。

     創業は1927年。事業当初は禁酒法の時代で、ノンアルコール飲料を販売していたが、57年に最初のホテ…

    残り2526文字(全文2862文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット