経済・企業海外企業を買う

拼多多(ピンドゥオドゥオ) SNSを活用した中国ネット通販=富岡浩司/236

    グーグルのエンジニアだった創業者の黄崢最高経営責任者(Bloomberg)
    グーグルのエンジニアだった創業者の黄崢最高経営責任者(Bloomberg)

    ◆Pinduoduo

     中国のネット通販市場の勢力図が急速に塗り替えられつつある。新興勢力のネット通販サイト、取扱高第3位の拼多多(ピンドゥオドゥオ)が急成長しているためだ。

     2018年第4四半期(10~12月期)の売上高は前年同期比379%増(約4.8倍)、年間アクティブユーザー(利用頻度が高い会員)数は71%増となっており、第2位の京東(ジンドン)(JD)のそれぞれ22%増、4%増を大きく上回った。売上高は56.5億人民元(約900億円)と、京東の1384億人民元(約2.2兆円)にはまだまだ及ばないが、年間アクティブユーザー数は18年12月時点で4億1850万人と、京東の3億530万人を抜き去り、第1位の阿里巴巴(アリババ・6億3600万人)に迫る勢いだ。

     株価の値動きも堅調だ。18年7月に創業3年未満という異例の速さで、米ナスダック証券取引所にADR(米国預託証券)として上場。新規公開価格は19ドル(約2100円)だったが、株価は今年3月、一時32ドル目前まで上昇する場面もあり、4月上旬時点では23ドル近辺で推移している。

    残り2371文字(全文2841文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事