週刊エコノミスト Online海外企業を買う

ドルビーラボラトリーズ 革新的な音響技術を世界展開=児玉万里子/237

さまざまな機器で使用されるドルビーの音響・音声技術。同社ホームページより
さまざまな機器で使用されるドルビーの音響・音声技術。同社ホームページより

◆Dolby Laboratories

 映画を見終わると、出演者やスタッフなどの名前の字幕(エンドロール)に、二つの「D」の文字を向き合せたドルビーラボラトリーズのロゴが現れることが多い。ドルビーが音響技術を提供したというクレジットだ。

 ドルビーは音響技術の開発を専門にする会社だ。エレクトロニクス機器・ソフトウエア会社に自社の音響や映像の技術を提供してライセンス収入を得ている。ドルビーの社名は創業者である米国人技術者レイ・ドルビー氏に由来する。ドルビー氏は1965年に留学先のロンドンでドルビーラボラトリーズを設立し、その後、米国に戻り76年以降はサンフランシスコに拠点を置いている。

 同社は60年代、音楽を録音する時の雑音を取り除く技術(ドルビーノイズリダクションシステム)をレコード会社に提供していた。70年代になると、映画の音質改善を手掛けるようになり、80年代からはデジタル・オーディオ技術の研究と開発に向かっていった。92年には同社の音声のデジタル符号化方式(ドルビーデジタル)が映画に初めて採用され、この方式はそれ以降、事実上の標準規格となっていった。

残り2406文字(全文2890文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事