教養・歴史自著で振り返る平成経済

世界が大きく変わる間に30年間寝ていた日本=野口悠紀雄

    野口悠紀雄・早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問
    野口悠紀雄・早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問

     1980年代後半の不動産価格と株式の異常な値上がりを根拠のないバブルだと指摘したのが『バブルの経済学』だ。当時はバブルという言葉そのものがまだなかった。根拠ある当然の値上がりだと強い批判を受けた。「日本の国際的な地位が向上し、東京が金融の中心地になる」、と。もっと不動産価格が上がってくれないかという期待が一般的だった。

     バブルは何かのきっかけで崩れてしまう。その認識を持っていなければ危険だという私の意見は、バブル崩壊後も世の中で受け入れられなかった。バブルが崩壊したことに気づかなかったのだ。

    残り1504文字(全文1753文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事