投資・運用最強のほったらかし投資

なぜ有利なのか インデックス運用 核心は「平均」の強み=山崎元

    バンガード・グループ創設者、故ジョン・ボーグル氏。「ボーグル・ヘッド」という、同氏の投資哲学に共鳴する熱狂的な支持者がいる(Bloomberg)
    バンガード・グループ創設者、故ジョン・ボーグル氏。「ボーグル・ヘッド」という、同氏の投資哲学に共鳴する熱狂的な支持者がいる(Bloomberg)

     インデックス運用とは、わが国の東証株価指数(TOPIX)や米国のS&P500のような株価指数(=インデックス)に連動することを目指す運用である。年金基金など機関投資家向けの運用に加えて、投資信託などを通じた個人向けの運用でも広く普及しつつあり、勢力を拡大中だ。

     目標とする株価指数の構成と合致する銘柄とウエート(株価指数に占める割合)を忠実に維持すればいいので、個々の銘柄に関する調査や判断を必要とせず、運用に対する手数料が安価に設定されている。インデックス自体が対象とする株式市場の平均的な趨勢(すうせい)を表すように設計されているため、株式市場の平均的なパフォーマンスが得られるのが普通だ。

     これに対して、市場の平均を上回るパフォーマンスを目指す運用はアクティブ運用と呼ばれ、一般に運用手数料はインデックス運用よりも高く設定されている。

    残り2125文字(全文2496文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事