マーケット・金融THE MARKET

東京市場 中国の製造業PMI回復は好材料=隅谷俊夫

     日本株は昨年末から中国景気の急減速に足を引っ張られてきたが、ようやくその足かせが外れてきた。4月1日に発表された中国の財新・製造業購買担当者景気指数(PMI)が50.8に上昇し、好不況の分かれ目である50を超えたからだ。

     PMIには中国政府が発表するものと、大手メディアの財新が発表するものの2種類がある。調査対象は政府のPMIは国有企業や大企業が多いのに対し、財新のPMIは中小企業や輸出企業も多く、より企業マインドの実態に近いので、日本の株式相場と企業収益にも影響を及ぼしやすい。

     財新のPMIは今年1月に48.3まで低下していたが、中国政府の景気てこ入れ策に対する期待から急反発した。前回、48台から50台を回復したのは2016年7月だった。16年の日経平均はPMIの50割れで6月まで下落基調を続けていたが、6月下旬に英国の欧州連合(EU)離脱決定でダメ押しが入った後、PMIが50台を回復した7月から本格反騰に転じた。

    残り431文字(全文846文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット