マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 日銀金融政策決定会合(4月24、25日) 2021年度の物価見通しに注目=上野剛志

     4月の日銀金融政策決定会合が24日から25日にかけて開催される。日銀は前回3月の決定会合において、海外経済減速の影響を踏まえて輸出・生産の判断を下方修正する一方、景気の総括判断を「緩やかに拡大している」に据え置いた。また、先行きについても、海外経済の持ち直しなどから「緩やかな拡大を続ける」とのシナリオが維持された。その後公表された2月の輸出・生産はやや持ち直し、3月の米中製造業景況感にも改善が見られることから、景気判断は今回おおむね据え置かれる可能性が高い。

     そうした中で焦点となるのは、四半期に一度、会合後に公表される「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」だ。同リポートでは政策委員の物価見通しが示されるが、これまで下方修正が延々と繰り返されており、前回1月時点の見通し(生鮮食品を除く消費者物価・大勢見通しの中央値)は、2019年度が1.1%、20年度が1.5%と2%の物価目標に届かない形になっていた。

    残り386文字(全文794文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット