教養・歴史自著で振り返る平成経済

現実の世界で再演された資本主義の不安定性=岩井克人

    岩井克人・国際基督教大学特別招聘教授
    岩井克人・国際基督教大学特別招聘教授

    『貨幣論』の元となる雑誌連載を始めたのは1991年だった。平成元年(89年)11月に起きたベルリンの壁の崩壊、そしてソ連崩壊が大きかった。

    『貨幣論』で示そうとしたことは二つある。一つは、資本主義と社会主義の対立で社会主義が崩壊したことを、理論的に再確認しようとした。マルクス経済学が前提とする「貨幣はそれ自体が価値を持つ商品である」という仮説をひっくり返すことが目的だった。

     もう一つ、資本主義が勝利したと見なされたが、自由放任主義的な資本主義も、実は自己矛盾を含んでいることだ。

    残り2089文字(全文2329文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事