教養・歴史自著で振り返る平成経済

『デフレの正体』の波紋 人口増減が消費を左右する=藻谷浩介

     50万部のヒット作は同時に批判も浴びた。人口の視点で平成をどう振り返るか、聞いた。

    (聞き手=黒崎亜弓・編集部)

    『デフレの正体』で指摘したことはシンプルで、人口の絶対数の増減が消費を左右するということだ。高齢化率を使わず、生産年齢人口(15~64歳)を取り出して絶対数で見ると、全国および各県で、小売販売額(=モノ消費)の減少と、生産年齢人口の減少が、連動していた事実に気づく。

     背景には生産力の過剰がある。生産年齢人口(=需要者数)の減少により需要数量が減るのに、生産の自動化で生産量を維持すれば、当然値崩れが起きる。そういう状況下で貨幣供給をいくら増やしても、インフレ期待(人々の将来のインフレ予想)など高まらない。

    残り511文字(全文821文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事