週刊エコノミスト Online深層真相

エナリスがKDDI傘下に 経営改善の陰で失ったもの

     新電力ベンチャーのエナリスは昨年12月にKDDIと電源開発(Jパワー)の共同での株式公開買い付け(TOB)に応じた。エナリスは今年2月の新体制移行後、顧客を伸ばしている。

     エナリスはもともと、KDDIが2016年の電力小売事業に参入した時に、同社から需給管理を受託した。だが、14年末の不適正会計問題発覚以降、経営危機に陥っていた。再建の過程で、KDDIはエナリスの約30%の株式を取得し筆頭株主となり、支援した。

     ただ、KDDIの電力事業にとっては、エナリスの経営安定化が課題であるため、今回のTOBに踏み切った。TOB成立後、エナリスの議決権所有割合はKDDIが50.49%、Jパワーが40.89%となった。KDDI傘下となったことで、エナリスは両社の競争力のある電源の調達を実現。産業用途など高圧部門向けに拡販し、危機的な経営状態から脱した。

    残り150文字(全文525文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事