投資・運用まだ間に合う!50代からの投資

主要株式投信48本 「一億人の投信大賞」 国内と外国株式でアクティブ投信が健闘=竹川美奈子

    (注)AMはアセットマネジメント、レオスはレオス・キャピタルワークス、損保Jは損保ジャパン(出所)筆者作成
    (注)AMはアセットマネジメント、レオスはレオス・キャピタルワークス、損保Jは損保ジャパン(出所)筆者作成

    詳しくはこちら

    「一億人の投信大賞」は2014年1月からNISA(少額投資非課税制度)がスタートするのを機に、「普通の人が普通に長期投資で資産形成をする」ことに役立つ「より良い投信を探そう」という趣旨で13年から開始したアワードだ。選定委員は『投資信託事情』編集長の島田知保氏、パワーソリューションズ取締役副社長の高橋忠郎氏、筆者の3人であり、運用会社などのスポンサーは一切付けていない。今年6回目で、2月25日に2018年の入賞ファンドを発表した。

     選考対象は18年12月末時点の公募投資信託の5783本。運用成績の評価の前に、表1の条件でスクリー…

    残り823文字(全文1097文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月28日号

    5Gで上がる日本株16 経済効果は1000兆円以上 機関投資家も着々と投資 ■村田晋一郎/種市房子19 インタビュー 世界のキープレーヤー サム・ローガン ザイリンクス(日本法人)社長 「増加続ける『FPGA』需要 基地局ベンダーと進む協業」第1部 分野別 注目の銘柄診断20 (1) 検査・製造装置 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット