投資・運用まだ間に合う!50代からの投資

REIT 低金利、働き方改革が追い風 狙い目は需要旺盛な「物流系」=関大介

    働き方改革で、シェアオフィスの活用が増えている(Bloomberg)
    働き方改革で、シェアオフィスの活用が増えている(Bloomberg)

    「低金利」「働き方改革」──。メディアをにぎやかすこれらの言葉が、REIT(不動産投資信託)への追い風となっている。

     REITとは、不動産の賃貸を中心とした収益を投資家に分配(株式の配当に相当)する投資商品のことだ。投資家に収益の90%以上を分配することで、実質的に法人税が非課税になるため、超低金利時代には比較的高い利回りの投資商品となっている。

     REITは上場していることから、透明性の高さが特徴だ。さらに一般企業と異なり、運用側の判断で配当性向を変更することができない。大半の上場銘柄が100%近い配当性向になっているため、配当性向の変更による分配金の変動を抑えられる点も投資家にはメリットとなる。

    残り2185文字(全文2487文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット