投資・運用まだ間に合う!50代からの投資

配当で見分ける 「配当積極性」でトップ20=大川智宏

    配当積極性スコア上位20銘柄
    配当積極性スコア上位20銘柄

    詳しくはこちら

     減配は、事業会社が取りうるネガティブな経営判断のうちでも重い決断の一つ──。「株主に満足に配当を還元できない」ことは、株主から資金調達をして上場する企業に課される使命の放棄に等しいからだ。そのため、配当は一般に強い下方硬直性(下げにくい性質)を持つ。

     景気見通しや相場が悪化する際に配当利回りが好まれるのも、この配当の下方硬直性が根拠となる。さらに、昨今のコーポレート・ガバナンス(企業統治)強化の流れの中で、株主還元を縮小するには誰もが納得する理由を説明する必要がある。つまり、これほど多くの「下げられない事情」がある中で、減配決断の意味は投資家にとって非常に大きい。

     景気の先行きが不透明さを増す中で目立ってきたのが証券株の減配発表だ。3月以降だけでも、いちよし証券、今村証券、丸三証券、水戸証券などが立て続けに減配を発表し、株価は軒並み下落している。

    残り1531文字(全文1917文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット