投資・運用5Gで上がる日本株

電子部品 高周波デバイスが進化 村田製作所が競争優位=編集部

 スマートフォン市場が成熟化に向かう中で、4Gから5Gへの切り替えは、スマホに搭載される電子部品の新たな需要を喚起することになる。

 スマホに搭載される電子部品としては、まずあらゆる電子機器に多用される部品として、チップ積層セラミックコンデンサー(MLCC)がある。MLCCは、電子回路内の電圧を制御する。また、必要な周波数帯の電気信号だけを取り出す表面波フィルター、さらに送信電波と受信電波を同時にやり取りするデュプレクサー、デジタル回路のクロック信号源に用いられるセラミック発振子、電波の中からノイズを取り除くEMI除去フィルター、さらに電源としてリチウムイオンポリマー電池などがある。これらの電子部品は、村田製作所、TDK、太陽誘電、アルプスアルパインなどの日本メーカーが強い領域だ。

 5G通信では、4Gよりも高い周波数帯の電波を利用するため、スマホの性能向上が求められる。それに伴い、各種の電子部品も高機能化して製品単価が上がり、なおかつ搭載個数が増えていく。このため、5Gはこれらの電子部品メーカーには追い風となる。

残り833文字(全文1295文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事