投資・運用5Gで上がる日本株

素材 光ファイバー 価格下落リスクも=松本裕司

     光ファイバーを束ねた光ケーブルは、基地局間の通信網をつなぐ。5Gは4Gより基地局が多い上、通信網の容量も大きいので、需要は確実に増える。5Gインフラ直接の投資に加えて、コンテンツ・ゲームやIoT(モノのネット化)など多様なサービスに対応するため、データセンターや海底ケーブル網も増設される。このような背景もあり、欧米では光ファイバー市場は今年は2ケタ成長が見込まれる。

     国内には古河電気工業、住友電気工業、フジクラなどの光ファイバー企業があり、こうした5G需要の恩恵を一定程度受けるだろう。古河電工は光ファイバーの伝送容量を上げるデジタルコヒーレント通信用のレーザー部品、フジクラは、軸や角度をずらさずに光ファイバー同士を接続する「融着接続機」など、周辺機器でも強みを持つ。また、住友電工は5G基地局のアンテナに使われるGaN(窒化ガリウム)デバイス(23ページ参照)…

    残り187文字(全文572文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事