投資・運用5Gで上がる日本株

素材 光ファイバー 価格下落リスクも=松本裕司

 光ファイバーを束ねた光ケーブルは、基地局間の通信網をつなぐ。5Gは4Gより基地局が多い上、通信網の容量も大きいので、需要は確実に増える。5Gインフラ直接の投資に加えて、コンテンツ・ゲームやIoT(モノのネット化)など多様なサービスに対応するため、データセンターや海底ケーブル網も増設される。このような背景もあり、欧米では光ファイバー市場は今年は2ケタ成長が見込まれる。

 国内には古河電気工業、住友電気工業、フジクラなどの光ファイバー企業があり、こうした5G需要の恩恵を一定程度受けるだろう。古河電工は光ファイバーの伝送容量を上げるデジタルコヒーレント通信用のレーザー部品、フジクラは、軸や角度をずらさずに光ファイバー同士を接続する「融着接続機」など、周辺機器でも強みを持つ。また、住友電工は5G基地局のアンテナに使われるGaN(窒化ガリウム)デバイス(23ページ参照)…

残り187文字(全文572文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事