投資・運用5Gで上がる日本株

クルマ デンソーが車両制御 原田工業はアンテナ開発=河村靖史

 クルマ業界では、コネクテッド(C)、自動運転(A)、シェアリング(S)、電動化(E)、の四つの次世代メガトレンドを制するべく、関連各社が先進技術の開発競争を繰り広げている。中でも自動運転は5Gと親和性が高い。

 2020年代前半には、「自動運転レベル5」であるドライバーレスの完全自動運転車が実用化される見通しだ。基本的に人が運転に介在しないことから、緊急時などに車両を遠隔操作する必要があり、情報伝達までの時間が1000分の1秒という5Gの低遅延性が強みを発揮する。すでにアイサンテクノロジーやKDDI、岡谷鋼機、損害保険ジャパン日本興亜(SOMPOホールディングス子会社)などは5Gを活用した複数車両の遠隔型自動運転の実証実験を一般公道で実施している。

 5Gはコネクテッドカーにも活用できる。車両周辺の交通状況や天候などリアルタイムの情報を、高速大容量通信が可能な5Gで取得することによって、ドライバーは刻一刻と変化する交通環境で最適なルートを走行できる。

残り890文字(全文1320文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事