投資・運用5Gで上がる日本株

建設現場・工場 コマツが建機遠隔操作 大成は触覚伝達実験も=佐野正弘

     5Gの導入先として最も熱く注目されているのが、建設や製造など「現場」での利活用である。IoT(モノのネット化)の広まりによってICT(情報通信技術)による現場の自動化・効率化が進められようとしており、5Gがそれらを支えるネットワークの本命とされているからだ。

     その理由は、5Gが持つ二つの特徴にある。一つはネットワークの遅延が小さい「低遅延」だ。例えば有線のネットワークが使えない場所で自動運転や遠隔操作を実現するには、屋外利用が可能で、なおかつ手元の操作がすぐ反映される低遅延の5Gがベストな選択肢となるわけだ。

     もう一つは、同時に多数の機器を接続できる「多接続」だ。例えば工場内にIoT機器を設置するには、従来…

    残り926文字(全文1234文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット