投資・運用5Gで上がる日本株

検査・製造装置 アンリツ・santec 高技術力で需要拡大=編集部

     電子計測器のアンリツは無線通信を中心に、機器が正常に動作するかを検査する機器を製造・販売する。基地局などのインフラ向けも手掛けてはいるが、事業の中心は半導体メーカー、端末メーカー、通信事業者向けに端末や半導体が動作するかを検査・計測する機器だ。

     同社は4月22日、米半導体大手クアルコムに5Gスマートフォン用のモデム(デジタル信号の変調・復調装置)半導体のテスト用機器・システムを開発し、同社に提供すると発表した。スマホ用モデムチップでは世界トップメーカーの開発に携わるとあって、アンリツの技術力・ブランド力を印象付けた。

     同社は、2010年代前半の4G拡大期のように、通信規格が変わると業績が向上して株価も上がり、規格更新が済むと業績も一服感が出る、あるいは落ち込むという、典型的な無線通信銘柄だった。

    残り935文字(全文1288文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット