投資・運用5Gで上がる日本株

電気通信工事 協和エクシオなど御三家 ドコモ向けで高収益=編集部

 国内携帯大手が5Gサービス開始を2020年に控え、電気通信工事業界は活況に沸いている。この業界で収益性がもっとも高いと言われるのは、NTTドコモの発注工事だ。業界内では、その工事を受注できるのは、協和エクシオ、コムシスホールディングス(HD)、ミライト・HDの3社とされる。

 岩井コスモ証券の川崎朝映(ともあき)シニアアナリストは、協和エクシオについて「国内通信最大手のNTTグループは質の高い通信網構築のため、電気通信工事では、高い技術力を有する企業しか対応できない。また、5Gは4Gまでの通信網より大規模に整備される。5G関連の恩恵を受ける可能性は高い」と分析している。首都圏で進む再開発に伴う電気通信工事拡大も追い風だ。

 ソフトバンクや楽天モバイルの工事は、受注側にとっては薄利であることで知られる。こうした中、コムシスHDは楽天の工事の中でも採算のいい案件を受注したと言われる。また、同社は18年3月期までは総還元性向(〈配当額+自社株買い〉÷純利益)が65%以上で推移してきた。立花証券の島田嘉一アナリストは「増配だけではなく、自社株買いも積極的に行っている点は、株主還元の点で市場から評価されている」と話す。

残り300文字(全文811文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事