投資・運用5Gで上がる日本株

5G対応端末が続々 4Gより投入がハイペース 幅広く膨らむ電子部品需要=大庭光恵

(注)5Gについては発売予定・企画(出所)IHSマークイット資料より編集部作成
(注)5Gについては発売予定・企画(出所)IHSマークイット資料より編集部作成

 韓国で今年4月、世界初の5Gの携帯電話サービスが始まり、サムスン電子(韓国)が5G対応のスマートフォンを発売した。日米欧中でも2020年にかけて5Gサービスが開始予定で、韓国LG電子、中国シャオミ、オッポ、ビーボ、ソニーなどが順次、対応スマホを発売する予定だ。

 4Gの場合、最初の対応端末が発売されてから5四半期(2010年10月~11年12月)は3社4機種のみの投入だったが、5Gでは同期間(18年10月~19年12月)に10社以上30機種以上が投入される。

 19年末までに発売されるのは、いずれも基本ソフト(OS)が米グーグルのアンドロイドだ。iOSを採用する米アップル社製スマホ「アイフォーン」は、モデム(デジタル信号の変調・復調装置)チップでクアルコムと係争を抱えていたこともあり(79ページ参照)、5G対応機の発売は早くて20年9月だろう。

残り607文字(全文983文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事