投資・運用5Gで上がる日本株

激戦のモデムチップ開発 アップルと和解のクアルコム 技術力は群抜くが下克上も=津田建二

 米アップルと米クアルコムが特許を巡る紛争で和解した。アップルはiPhone(アイフォーン)にクアルコムのモデム(デジタル信号の変調・復調装置)チップを採用していたが、特許使用料が高すぎるとして17年に提訴。対するクアルコムもアイフォーンの特許使用料支払いを求めていた。

 両社が和解を発表したのは4月16日。クアルコムのライバル、中国ハイシリコンの親会社である華為科技(ファーウェイ)の胡厚崑(ケン・フー)副会長兼輪番会長が、自社製5G向けモデムチップをアップルに対しても外販する構えを発表したのと偶然にもほぼ同じタイミングだった。

 和解合意書には今後6年間、アップルにモデムを供給する契約も含まれており、今後発売される5G対応iPhoneにはクアルコム製品が使われることになる。アップルはクアルコムと係争していた当時、モデム開発を米インテルに依頼していた。インテルは4Gモデムをアップルに提供、5Gモデムを開発していたものの、そもそもスマホビジネスにあまり力を入れてこなかった。アップルがモデム供給先をクアルコムに絞るとすぐに、イ…

残り925文字(全文1391文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事