投資・運用5Gで上がる日本株

5G覇権握るのは 4Gまで栄枯盛衰の歴史 重要性増すソフト開発力=吉川明日論

    スペイン・バルセロナで今年2月開かれた世界最大の携帯電話見本市「MWC」には5Gを活用したクルマやドローンなど多様な企業が出展(Bloomberg)
    スペイン・バルセロナで今年2月開かれた世界最大の携帯電話見本市「MWC」には5Gを活用したクルマやドローンなど多様な企業が出展(Bloomberg)

     3G時代の2007年、米アップル社製のスマートフォン、iPhone(アイフォーン)が華々しく登場し、スマホが一気に普及した。スマホは一昔前のスーパーコンピューター並みの高度な能力を持つのだが、ユーザーはそんなことは全く意識せずに、生活の中で音楽ダウンロードや動画配信サービスを享受する手段として使うようになった。

     通信回線の大容量化・スマホの処理能力アップが進んだ4G時代は、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)と称される米国の巨大プラットフォーマーが覇権を握った。グーグルは検索、アマゾンは電子商取引(EC)など、自身の強みを最大限に活用しながら、広告やフィンテック事業など周辺分野を貪欲に取り込んできた。この間、1G時代に隆盛を極めたモトローラや富士通、NEC、2G時代にiモードを開発し…

    残り1001文字(全文1358文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事