【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融デジタル化時代になくなる銀行、残る銀行

大局観なき金融庁の迷走 省庁横断的テーマは重荷=高橋克英/10

 金融庁の迷走が続いている。新領域として前のめりに対応した仮想通貨では不正流出事件などが相次いだほか、インターネットを介して不特定多数から資金を募るクラウドファンディングでは、配当が滞るトラブルも発生している。一方、本来は金融庁が主導すべきキャッシュレス化や決済プラットフォームの構築では、経済産業省にお株を奪われた格好だ。

 足元で広がるメガバンクのリストラや地銀の収益悪化も、金融庁の大局観なき行政方針と過度な経営干渉の影響がなかったとは言えないはずだ。森信親・前金融庁長官は昨年7月、これらの問題に道筋をつけることなく退任した。加えて、デジタル化が進み、異業種からも参入が続く中、既存銀行のビジネスの余地は急速に狭まっている。それなのに、金融庁はいまだにコンサルティング営業や地域密着などによって収益を改善すべきという理…

残り799文字(全文1161文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事