マーケット・金融デジタル化時代になくなる銀行、残る銀行

大局観なき金融庁の迷走 省庁横断的テーマは重荷=高橋克英/10

     金融庁の迷走が続いている。新領域として前のめりに対応した仮想通貨では不正流出事件などが相次いだほか、インターネットを介して不特定多数から資金を募るクラウドファンディングでは、配当が滞るトラブルも発生している。一方、本来は金融庁が主導すべきキャッシュレス化や決済プラットフォームの構築では、経済産業省にお株を奪われた格好だ。

     足元で広がるメガバンクのリストラや地銀の収益悪化も、金融庁の大局観なき行政方針と過度な経営干渉の影響がなかったとは言えないはずだ。森信親・前金融庁長官は昨年7月、これらの問題に道筋をつけることなく退任した。加えて、デジタル化が進み、異業種からも参入が続く中、既存銀行のビジネスの余地は急速に狭まっている。それなのに、金融庁はいまだにコンサルティング営業や地域密着などによって収益を改善すべきという理…

    残り799文字(全文1161文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット