マーケット・金融デジタル化時代になくなる銀行、残る銀行

「LINEバンク」の衝撃 圧倒的な個人の顧客基盤=高橋克英 /9

    詳しくはこちら

     無料通信アプリのLINE(ライン)が、みずほフィナンシャルグループ(FG)と2020年に開業を予定する新銀行「LINEバンク」(仮)は、既存の銀行にとって大きな脅威になるだろう。LINEは銀行設立によって、銀行、証券、保険、決済、スコアリング(点数化による信用力の評価)なども可能な総合的なリテール(個人向け)金融サービスをスマホ上で構築することになる(図)。

     異業種による銀行はすでに多くの先例があるが、アプリで個人と直接つながっているLINEの場合は、顧客基盤の規模が異なる。LINEの国内ユーザー数は月間約8000万人、キャッシュレス決済サービス「LINEペイ」の登録者は3200万人(19年4月時点)にのぼる。LINEバンクが具体的にどんな事業を手がけるのか、現時点では詳細は明らかでないが、こうした顧客基盤を生かした個人向けの幅広い金融サービスに取り…

    残り843文字(全文1231文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事