マーケット・金融デジタル化時代になくなる銀行、残る銀行

スマホサービス進展で岐路に立つ有人店舗=高橋克英/8

    (出所)マリブジャパン
    (出所)マリブジャパン

     銀行の有人店舗が岐路に立たされている。デジタル化の進展に加えて人口減少、ライフスタイルの変化などにより、過疎地だけでなく都市部の有人店舗でも来店客が急速に減っている。多くの銀行が店舗ネットワークの維持をあきらめ、店舗統廃合を進めているが、顧客離れを恐れてかそのペースは遅々としており、銀行経営の重しとなっている。

     来店客の減少が営業時間の短縮や店舗機能の縮小を招き、結果として店舗の魅力も収益力も低下し、追加のコ…

    残り881文字(全文1088文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット