国際・政治失速!米国経済

Q&Aで覚える米国経済の“基礎知識”=市川雅浩

    米経済の強さは旺盛な個人消費に支えられている(Bloomberg)
    米経済の強さは旺盛な個人消費に支えられている(Bloomberg)

     世界経済の先行きを見通す上では米国の動向を押さえることが必須。そのために覚えておくべき基本事項を解説する。

     国際通貨基金(IMF)のデータによれば、米国の名目GDP(国内総生産)は、2018年で約20兆4941億ドルに達しており、世界一の規模を誇る。米国の次に名目GDPが大きい国は中国で、金額は約13兆4074億ドルである。以下、日本、ドイツ、英国が続き、名目GDPの金額は、それぞれ約4兆9719億ドル、約4兆4億ドル、約2兆8286億ドルとなっている。

     同じくIMFのデータに基づき、世界193カ国の名目GDPの合計額を計算すると、18年は約86兆7583億ドル(IMFの推定値を含む)に上る。このうち、米国の名目GDP額は約23.6%を占めていることから(図1)、米国の景気変動が、世界経済全体に大きく影響することは明らかである。

    残り3046文字(全文3416文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット