国際・政治失速!米国経済

相場プロの米国株展望 米中対立で2万3500ドル=糸島孝俊

     6月以降の米国株相場は米中貿易協議の行方に大きく左右される。メインシナリオは、米中交渉の決裂はなく、暫定合意か持久戦だ。トランプ大統領が5月5日に米国の対中輸入品2000億ドル分の関税引き上げを表明(10日実施)したことで、株価は調整したが小幅な下落にとどまった。6月末まではNYダウは2万6500ドル前後の強含みの展開を予想する。6月末の主要20カ国・地域(G20)首脳会議前後に米中首脳会談が開催され貿易問題で合意する可能性もあると…

    残り330文字(全文549文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月30日号

    乗り遅れ厳禁! 移動革命14 企業、業種の垣根を越える MaaSの底知れない破壊力 ■大堀 達也/加藤 結花17 インタビュー 宮岡冴子 モネ・テクノロジーズ企画・渉外部長  「クルマから得られるデータを付加価値に変える」18 Q&Aで学ぶMaaSの基礎知識 ■編集部/監修=阿部 暢仁20 一目で分 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット