マーケット・金融THE MARKET

東京市場 医療IT株、人手不足緩和で期待=三井郁男

     ここ1年、私と親族が疾病により入院し、医療機関の現状について考えさせられることがあった。人手不足の状況は病院も同じで看護師の不足は深刻化していて、仕事の忙しさは表現が難しいほどだ。特にパソコンにデータを入力する仕事に多くの時間が割かれている。

     入院患者を担当する看護師は、1日に朝昼晩3~4回、各患者の所に訪れ病状や体調などをチェックする。1人当たり10~15分かけ体温、脈、血圧から食事の量、食欲、痛みの状況など広範囲にチェックし、ひたすらそのデータを入力する。当然、患者と向かい合う時間よりパソコンに向かっている時間の方がはるかに長い。看護師は、患者に寄り添うことが就職の動機だったにもかかわらず現実は随分かけ離れている。

     患者のデータ蓄積は進んでいるはずで、全国の病院には膨大なデータ量が蓄積されている。それらのデータは既に利用されているだろうが、今後、データの統合が進みビッグデータ化しディープラーニング(深層学習)やAI(人工知能)を利用した分析が進めば、医師の経験が重要なことは変わりないが、病状に応じた最適な治療がどこでも可能になる。病院での治療だけでなく、治療レベルの向上により遠隔医療や在宅医療が拡大する期待…

    残り330文字(全文844文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット