マーケット・金融THE MARKET

穀物 大豆は上値重い=村井美恵

     大豆は米中貿易摩擦の激化から、5月に入り2008年12月以来となる1ブッシェル=8ドル割れまで下落した。報復関税の応酬に、米中摩擦が長期化するとの思惑から売りが膨らんだ。トウモロコシも10日に発表された米農務省需給報告が弱い内容となったことや、南米産の増産見通しなども重なり8カ月ぶりの安値をつけた。

     しかし、その後は産地の悪天候による米国の作付け遅れの深刻化から、トウモロコシ、大豆とも急反発。ポジション調整の買い戻しも入った。5月19日時点の米国の作付け状況はトウモロコシが49%、大豆が19%と各々同時期過去5年平均の80%、47%を大きく下回り、双方とも作柄や収穫量への影響が懸念されている。もっとも、トウモロコシが昨年5月以来の高値まで急騰したのに対し、大豆の反発は限定的。米農務省によると…

    残り98文字(全文449文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット