週刊エコノミスト Online深層真相

セブン永松社長に“短命観測” 本命は商品本部出身者か

     社長就任から間もない、セブン─イレブン・ジャパン(セブン)の永松文彦社長に“短命政権”の観測が出ている。永松氏は、かつて加盟店に対応するオペレーション本部ゾーンマネジャーなどを歴任している。加盟店問題で辞任に追い込まれた古屋一樹前社長の後任には、加盟店との間で高まったあつれきを沈静化させる人物が必要で、「いわば緊急リリーフで白羽の矢が立った」(業界関係者)との見方だ。

     さかのぼると、同社の歴代社長は鈴木敏文氏(現・セブン&アイ・ホールディングス〈HD〉名誉顧問)を除き、栗田裕夫氏、工藤健氏、山口俊郎氏の3氏とも、いずれもゾーンマネジャーの経験がある。これに対し、山口氏の後任だった井阪隆一氏(現・セブン&アイHD社長)は商品本部一筋。井阪氏と永松氏は同期入社で気心は知れているものの、「商品本部の経験のない永松さんは、2、3年でお役ご免となるのではないか」(同)と…

    残り168文字(全文554文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事