国際・政治失速!米国経済

FRBの新機軸 「低金利の長期化」もくろむ 市場金利上昇なら株暴落も=鈴木敏之

    図1 米国は低インフレに悩んでいる
    図1 米国は低インフレに悩んでいる

     米国でもインフレ率が低過ぎることが問題になっている。

     米連邦準備制度理事会(FRB)が、インフレ目標を設定している「個人消費支出(PCE)物価指数」の直近値である3月分は、前年同月比で1.5%、米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーが実際に見ているとされる食料品とエネルギーを除いた「PCEコア」指数も同1.5%である。

     消費者物価指数(CPI)のコアの前月比は、0.1%が続いている。いずれも2%の目標到達が見えない。米国経済は2009年6月の景気の底入れから10年になる。その間、着実といえる経済成長を維持し、失業率は歴史的なところまで下がっている。それならば、賃金が上昇し、それが一般物価に波及してくると見込めるところだが、現実になっていない。

    残り1919文字(全文2246文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット