週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

レオパレスと勉強しないオーナー/1

     賃貸アパート大手レオパレス21の施工不良問題が世間をにぎわしている。同社によれば、5月時点で調査を終えた2万1277棟のうち、7割超の1万5628棟で施工不備が見つかった。筆者が創業した不動産コンサルティング会社「さくら事務所」には、まだ調査していないアパートのオーナーから相談が寄せられている。写真を見る限り、施工不備である可能性が高い。

     同社のアパート入居は法人契約が多いが、筆者の知る複数の企業人事担当者によると「会社が用意する社宅がレオパレスで大丈夫か」といった不安の声が、内定者やその親から寄せられているという。

    残り985文字(全文1247文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事