週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

円高株安でマンション価格は2割下落も/2

中古マンションの価格は高止まりしている(Bloomberg)
中古マンションの価格は高止まりしている(Bloomberg)

 米トランプ大統領は5月末に来日した際、日本との貿易交渉について「大きな進展があった。とりわけ農業と牛肉で。7月の選挙が終われば大きな数字が出てくるのを待ってる!」とツイッターに投稿した。

 安倍晋三首相は当初、日米貿易交渉を甘く見積もっていた可能性がある。しかし、米中貿易戦争を見れば明らかなように、貿易収支が具体的に改善するまで、トランプ氏は追及の手を緩めないだろう。まず農畜産品の輸入を迫り、次に自動車輸出の制限、足りなければ為替にまで話が及ぶだろう。つまりは「円高」への圧力だ。

 円高で株安となれば当然、不動産市場は大きな下落圧力に見舞われる。図を見てほしい。東京都心3区(中央、千代田、港区)の中古マンション成約平米(1平方メートル)単価と日経平均株価が見事に連動しているのがわかるだろう。

残り684文字(全文1033文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事