マーケット・金融THE MARKET

東京市場 好業績の人材サービス業に注目=藤戸則弘

     トランプ米大統領による保護貿易主義が吹き荒れている状況では、やはり内需の好業績企業にターゲットを絞るのが妥当であろう。

     今回、焦点をあてるのは人材サービス業である。まずマクロ環境では、空前の人手不足である。4月の有効求人倍率は1・63倍と1974年以来の高水準にあり、失業率も2・4%と極めて低い。人手不足から閉店を余儀なくされる外食産業やコンビニも多く、人材サービス業を取り巻く環境は極めて良好である。また、かつての終身雇用体制が徐々に薄れ、人材の流動化が起こっていることもプラスとなる。

     米国と比較すれば、まだ初期段階に過ぎないが、高度な技術やノウハウを持った人材の転職も目立ち始めている。当初はパート・アルバイト等の単純作業や平易な事務員の派遣が多かったが、今や専門技術者に対するニーズが強くなっている。当然、人材サービス企業にとっても利益率向上につながる話だ。

    残り466文字(全文851文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット