マーケット・金融THE MARKET

原油 減産縮小なら下値探る=柴田明夫

     中東情勢の緊迫化にもかかわらず原油の上値は重い。ニューヨークWTI原油は5月後半に下げ基調に転じ、23日には1バレル=57ドル台と2カ月半ぶりの安値を付けた。米エネルギー情報局(EIA)の週報で、原油在庫が大幅増となり供給過剰感が高まったことや、米中貿易戦争の激化によりエネルギー需要が減退するとの見方が広がったためだ。

     一方、市場では供給不安も根強い。石油輸出国機構(OPEC)主導による協調減産に加え、米国による制裁…

    残り225文字(全文436文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月30日号

    乗り遅れ厳禁! 移動革命14 企業、業種の垣根を越える MaaSの底知れない破壊力 ■大堀 達也/加藤 結花17 インタビュー 宮岡冴子 モネ・テクノロジーズ企画・渉外部長  「クルマから得られるデータを付加価値に変える」18 Q&Aで学ぶMaaSの基礎知識 ■編集部/監修=阿部 暢仁20 一目で分 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット