マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 米連邦公開市場委員会(6月18~19日) 米中摩擦の影響をどう評価=窪谷浩

    (注)政策金利はレンジの上限 (出所)FRB、BEA(米経済分析局)、BLS(米労働統計局)よりニッセイ基礎研究所作成
    (注)政策金利はレンジの上限 (出所)FRB、BEA(米経済分析局)、BLS(米労働統計局)よりニッセイ基礎研究所作成

     6月18日から2日間の日程で米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されている。米連邦準備制度理事会(FRB)は、2018年に4回政策金利を引き上げたものの、インフレが政策目標(2%)を下回る中、欧州や中国経済、米中をはじめとする通商政策、資本市場動向など、米経済に対する不透明感が高まっていることを理由に、19年以降は政策金利を据え置いている。今回も政策金利が変更される可能性は低いが、FOMC参加者の経済、政策金利見通しが発表されるため、今後の金融政策動向をみる上で注目される。

     前回(4月30日~5月1日)会合を振り返ると、議事録では「政策金利の将来の調整に辛抱強くなれる」としており、当面は政策金利を据え置く方針が確認された。一方、「米国や世界経済の見通しに影響を与える多くの先行き不透明感が後退している」との見方が示された。また、会合以降に発表された経済指標は雇用統計や物価統計など、おおむねFRBの見通しに沿った結果となっていた。

    残り376文字(全文797文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット