マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 米連邦公開市場委員会(6月18~19日) 米中摩擦の影響をどう評価=窪谷浩

    (注)政策金利はレンジの上限 (出所)FRB、BEA(米経済分析局)、BLS(米労働統計局)よりニッセイ基礎研究所作成
    (注)政策金利はレンジの上限 (出所)FRB、BEA(米経済分析局)、BLS(米労働統計局)よりニッセイ基礎研究所作成

     6月18日から2日間の日程で米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されている。米連邦準備制度理事会(FRB)は、2018年に4回政策金利を引き上げたものの、インフレが政策目標(2%)を下回る中、欧州や中国経済、米中をはじめとする通商政策、資本市場動向など、米経済に対する不透明感が高まっていることを理由に、19年以降は政策金利を据え置いている。今回も政策金利が変更される可能性は低いが、FOMC参加者の経済、政策金利見通しが発表されるため、今後の金融政策動向をみる上で注目される。

     前回(4月30日~5月1日)会合を振り返ると、議事録では「政策金利の将来の調整に辛抱強くなれる」と…

    残り506文字(全文797文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット