マーケット・金融THE MARKET

東京市場 日経平均は「二番底」を確認か=隅谷俊夫

     日経平均株価は米国の対中追加関税の発動や対メキシコ追加関税の問題で6月4日に一時2万200円台まで下落した。昨年12月26日に一時1万8900円台まで急落して「一番底」をつけた後の「二番底」を形成しようとしている。

     日経平均採用銘柄の1株当たりの純資産は1万9800円前後。純資産は会社の解散価値を表すため、昨年12月はこれが下値の「岩盤」になった。現在、「岩盤」にはまだ間があるとはいえ、昨年12月当時とはいくつか相違点があるため、2万200円台で「二番底」を確認した可能性は大きい。

     まず出来高の水準。東証1部の売買代金は昨年12月は平均で約3兆円に膨らみ、まとまった売りに押された…

    残り554文字(全文848文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット