投資・運用老後2000万円おまかせ投資

投資の12達人に聞く「わが運用哲学」 三井住友DSアセットマネジメント 木村忠央

    木村忠央(三井住友DSアセットマネジメント)
    木村忠央(三井住友DSアセットマネジメント)

     <三井住友DSアセットマネジメント 木村忠央・シニアファンドマネジャー>

    短期の変動追わずサービス株中心に目利き

    「短期的な相場動向に左右されない」ことを一番の命題にしている。「三井住友・中小型株ファンド」では、値動きの激しい中小型株は短期的な相場動向に運用者の投資行動も左右されやすいため、そうならない仕組みを導入している。

     EVA(Economic Value Added、経済的付加価値)という手法を使って、企業価値を割り出している。EVAを発行済み株式数で割り、1株当たりの価値が株価を下回っていれば、買い、上回っていれば売りだ。PER(株価収益率)は使わない。運用チームは私を含めて2人。私だけでも年間400社に取材している。上場している約3700社全てが頭に入っている。

    残り352文字(全文692文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事