経済・企業ファーウェイ大解剖

スマホ4000万台減でも 販売減は米中韓企業が補う 米国圧力は台湾3社に及ばず=大山聡

    台湾・新竹市のTSMC本社。ファーウェイのスマートフォンに搭載の半導体を受託生産している(Bloomberg)
    台湾・新竹市のTSMC本社。ファーウェイのスマートフォンに搭載の半導体を受託生産している(Bloomberg)

     米中摩擦が連日の話題となっている。特に米国政府によるファーウェイ排除の呼びかけと、中国からの輸入品に対する関税措置などが注目を集めているが、これらをひとまとめに考えようとすると、重要な論点を見落とす恐れがある。

     まず中国からの輸入品に対する関税措置は「愚策」だ。古い事例だが、1980年代に米国は日本からのパソコン輸入を制限する目的で、100%の関税を課していた。当時、米国向けのパソコン輸出で最大の実績があった東芝は、関税が課せられた後も東京・青梅工場でのパソコン生産を従来通り継続し、最後にMPU(マイクロプロセッサー)だけ抜き取って米国向けに出荷していた。

     MPUのないパソコンはパソコンではないので、100%関税を課せられない。MPUなしのパソコンは東芝アーバイン工場(カリフォルニア州)が受け取り、ここでMPUを装着して出荷する、という作業が行われていた。

    残り2163文字(全文2547文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事