国際・政治ファーウェイ大解剖

覇権争いの本質 データ経済で米中合作の近未来 覇権戦争の先にある価値観変容=山形浩生

    ポンペオ米国務長官は世界各地でファーウェイ排除を呼びかけているが、応じる国はごく少数だ(Bloomberg)
    ポンペオ米国務長官は世界各地でファーウェイ排除を呼びかけているが、応じる国はごく少数だ(Bloomberg)

     一応技術屋崩れとして、ぼくはファーウェイ製品に裏口(バックドア)があるとかいう話はまだ信用していない。具体的にどこにどういう裏口があり、何が危険なのかについて、まったく情報がないからだ。人民解放軍の肝煎りで何やらすごい仕込みチップが作られた、といった怪しげな報道記事がいくつかあっただけだ。華為技術(ファーウェイ)のスマホでもサーバーでも「これがその怪しいチップです」というのを見せれば、話はそれで片付くのに。

     だから今回の執拗(しつよう)なファーウェイ排除は、むしろNSA(米国家安全保障局)をはじめファイブ・アイズ(機密情報共有で協定を結ぶ米国、英国、カナダ、豪州、ニュージーランドの5カ国)の諜報に協力しないからだという見方のほうに説得力があるように感じられる。

    残り2351文字(全文2686文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事