国際・政治

英でジョンソン首相待望論 保守党と新党の政権協力浮上=増谷栄一

ノーディールでも喜んで離脱?(ジョンソン前外相)(Bloomberg)
ノーディールでも喜んで離脱?(ジョンソン前外相)(Bloomberg)

 英国のメイ首相が欧州連合(EU)離脱協議をめぐり党首を辞任することになり、事実上の次期首相を選ぶ保守党の党首予備選挙の結果、大本命とされるEU強硬離脱派のジョンソン前外相と、自ら「負け犬」と公言し一発逆転を狙うEU残留支持派のハント外相の一騎打ちとなることが決まった。

 今後は全国の保守党16万人の党員投票で過半数の支持を獲得した者が勝者となる。新党首は7月22日に発表され、翌23日には新首相が誕生するが、最近の世論調査ではジョンソン首相の下でのEUからのノーディール(合意なし)離脱待望論が高まる。

 英紙『デーリー・テレグラフ』は6月18日付で英市場調査会社の世論調査を引用し、「保守党の党員はジョンソン氏が最も望ましいリーダーとしている。次期党首はノーディールでも喜んでEUから離脱することは間違いない」と報じた。この世論調査では離脱支持の党員の83%が、また、残留支持の党員でさえ68%がノーディールを支持した。これは決選投票でジョンソン氏に軍配が上がる根拠となっている。

残り925文字(全文1366文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事