国際・政治ファーウェイ大解剖

ファーウェイの実像 逆境で成長、中国初の世界企業に 米制裁で縮まる「政府との距離」=遠藤誉

    中国の習近平国家主席を案内するファーウェイ創業者の任正非氏(右)。ロンドンの同社事務所で(Bloomberg)
    中国の習近平国家主席を案内するファーウェイ創業者の任正非氏(右)。ロンドンの同社事務所で(Bloomberg)

     米国と中国の対立は経済貿易面だけでなくハイテク分野、特に次世代通信を中心とした社会インフラを担うとされる5G(第5世代移動通信)においても熾烈(しれつ)を極めている。

     拙著『「中国製造2025」の衝撃』で示した米中覇権争いは、中国最大の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)を巡って最初の山場を迎えた。ここでは同社が米国の排除を受けてもなおへこたれない理由と中国政府との癒着度はどうなのかなどを考察する。

    残り3604文字(全文3809文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事