資源・エネルギー

ロシア モスクワでゴミの分別収集始まる=大前仁

    ガラス製品(左)とプラスチック製品に分けられたリサイクル用の容器(筆者撮影)
    ガラス製品(左)とプラスチック製品に分けられたリサイクル用の容器(筆者撮影)

     ロシアでゴミへの意識が変わろうとしている。モスクワ市は来年1月から、市全域にゴミ分別の容器を置く方針を明かした。当初は2022年の予定だったが、前倒しにする形だ。

     もともと、ロシアはゴミ問題に無頓着な国だ。世界一広い国土を持つため、分別に注意を払わず、埋め立てることで対応してきた。日本人の知人がビール瓶をすすいでいると、ロシア人から「どうせ捨てるのだから同じだろう」と不思議がられたという。

     意識が変わってきた背景には、環境と社会の両面でゴミ問題が大きくなってきたことがある。首都と隣接する地域では昨年、埋め立て地から出る有毒物質で、周辺の住民が健康を害する問題が起きていた。北部アルハンゲリスク州でも、モスクワから運ばれてくるゴミの埋め立て地建設に住民が反対し、抗議運動を起こしている。プーチン大統領も毎年恒例の「国民との対話」で、ゴミ問題に対応すると約束せざるを得なかった。

    残り113文字(全文504文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事