週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

「育児の社会化」で保険導入の是非=山崎泰彦

    (出所)内閣府「少子化社会対策白書」(2018年度版)より編集部作成
    (出所)内閣府「少子化社会対策白書」(2018年度版)より編集部作成

     平成時代の社会保障史の中で最も顕著な成果は、介護保険の導入・普及であろう。具体的な検討に入ったのは、1994年に細川護煕首相の国民福祉税構想が頓挫してからのことだ。増税の困難さを目の当たりにして、税財源による従来型の福祉サービスの充実に懸けていた人たちも介護保険を推進する側に転じ、自社さきがけ連立政権下の97年に介護保険法が制定された。

     そして2000年の施行以来、サービス利用者は着実に増えた。しかも、発足当初は給付費の約3分の2を占めていた施設サービスの割合が今では約3分の1に低下し、在宅・地域密着型サービスが大きく伸びた。平成の初めごろまでは、福祉の世話になりたくない、福祉施設は姨捨(うばすて)山、自宅が無理なら施設ではなくてせめて病院で、というのが世間相場であった。それが今では遠い過去の話になった。

    残り2402文字(全文2760文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事